So-net無料ブログ作成
一日一首 ブログトップ
前の10件 | -

第2074冊 宇宙 しつこい風邪である [一日一首]

2017年11月21日(火)
*歳とれば風邪もなかなか治らないもう10日も経つというのに
*善かろうと思って外へ出るからか風邪がなかなか治らないぞこれ
*ウズベクの友達小松へ来たというがこの調子では何時行けるのやら
第2075冊 宇宙(監修 荒舩良孝)
 今年に入ってから買ったものに違いはないのだが、なかなか読み終えなかった。といっても65頁ほどの薄い本なので読み終えるというほどでもないが、風邪のお陰で読むことが出来た。中に知らないことがあったので紹介しようと思って書き出した。それはダークエネルギーという概念だった。私にとって真新しいということなのだが、中に「人間が観測できるのは宇宙のたった5%だった!」とうう見出しが出ているのにびっくりした。極微の世界ではそれこそ「蚤のキンタマ8裂きに」くらいではすまずますます小さい世界に籠っているが、宇宙せかいでは5%しか分かって無いというのか、それともエネルギーの内の5%位しか分かっていないというのかはっきりしなかったがいずれにしても大変な世界である。昨日だったかテレビで「地球の構造」というのを見ていたら東大の教授というのが2,3人出てきて一生懸命地球内部の構造の研究をやっているのを見て「あれっつ?」と思ったのだが。
 9年前に地球を出発したニュー・ホライズンという探査機が冥王星に到達しその写真を送って来たというという記事もびっくりした。9年前に送り出した探査機である。この壮大な計画にビックリしたのである。
 思い出してみると前に「宇宙エレベーター」云々でこの本を紹介したのではないかと思ったが・・

nice!(0)  コメント(0) 

さんざんな会計報告だった [一日一首]

2017年11月6日(月)
*今日は会計報告最後の日4年前にもやったのになあ
*割り印の意味が解らず出鱈目を押して提出赤恥をかく
*素晴らしい良い天気なのに今ざまだエジプト旅行その疲れがでたか

実はその他にも①食糧費の問題 ②領収書のコピーがないという大問題があった。
何とか電話で明日訂正して持ってゆくことになった。

エジプトを詠った歌を2,3首
*バスの窓ピラミッドの影ちょっと見てあっと言ったが言葉出でず
*小学のころより夢にピラミッドアッといったが言葉が出でず
*ラムセスの巨大な力エジプトの北から南そこら中に
*アスワンの底にしずまるラムセスがユネスコの努力で丘に上がれる
*オベリスク天に向かってスクと立つヨーロッパでは様にならない



nice!(0)  コメント(0) 

親戚の祝言が二つあった [一日一首]

2017年11月3日(金)
*山本家2つの祝言重なっていつものとこでみんな集まる
*碁をやると約束はしたがやはり無理明日何とか断ってしまおう
*選挙の後始末するその期限6日一日とはこりゃ大変だ
*やろうかと思って机に座れどもやはりやる気が起こらず寝ちまう
*あの資料何のためかと疑いが馬鹿らしくなりやる気起らず
*玉ねぎの苗を植えては水をかけ早く丈夫な球を育てと
*ゴーヤの木やっと片付けすっきりす一つ一つが今年の終わり
*キューイ採る200余り採り嬉しくて鼻歌気分で時間を違えり

nice!(1)  コメント(0) 

第2071冊 戦争は何故起こるか(佐藤忠男) [一日一首]

2017年11月2日(木)
第2071冊 戦争はなぜ起こるか(佐藤忠男)
 10月30日に紹介した本を読み上がった。220ページほどで中に空白のページがずいぶんあるので読みやすい、各章が多くて3ページだからその点も今の私にはちょうど良い。10月30日に書いたことを再掲しようかと思ったが
 いくつかの点で納得のゆく点があった。ランダムにそれこそ「徒然なるままに」書くと
①アルジェリアの独立戦争、ベトナム戦争の終結、キューバのカストロの処理、朝鮮戦争の終結はなるべくしてなったものだ。
⓶フランスのドコール首相、アメリカのトルーマン大統領の英断が良かった・
③トルーマンがマッカ―サ将軍を辞めさせなくては朝鮮戦争はもっと大きな第3次世界大戦になったかもしれない。
④日本の第2次世界大戦の敗因の第一は①、②,③に気が付かなかったからである。
⑤アルジェリアの終戦だがたまたま10日ほど前当時アルジェで仕事をしていた商社マンと話をする機会があった。彼は「独立はしたけれど・・・」と否定的なことを言っていた。その時私は一言も言わなかったが。現在の世界的な風潮、独立の風向きから考えて「ちょっとね??」と思ったことは確かだった。その辺のことも載っていた。
⑥①のベトナム戦争の終結だが第2067冊に載せたがその時は理由がはっきり分からなかった。やっとその理由が分かった。要するに植民地を維持するのに10倍以上の軍費が掛かるとのこと、日本が中国や朝鮮を維持しようとしても12倍の費用が掛かったそうだ。それは軍人とくに陸軍大臣とか海軍大臣が首相になり政治を牛耳っていて、引っ込みがつかなくなってしまった。そこで天皇だが・・・・(これは載ってない)
⑦マッカーサーが何故大統領になれなかったか、これは私の大きな疑問だったがこれで分かった。と思っている・・・
****これが前回の主な内容だが****
 今回終盤の方を書きたい、これも「そうだそうだ、ああ、そうだったのか」と思う点が多かった。多分この論には反対する人が多いのではないか、戦争はそんな単純なものではないよという意見だ。
それはともかく私は「人類の平和」をどう構築するかということが私のテーマである。こんなだらしのないことをしていていいのだろうか、碁をやって今まで3目を置いていたものを何とか2目にしたいと血眼になっている友の相手をしていて良いのだろうか。また法句経というものを長歌に翻訳しているのだがその中に「旅をして 自分より上 若しくは 同等の人 ならいいが 自分以下の 人とは旅するな むしろ一人で」とこんな一句があった。先の碁の相手はどうするかということだが。。。
 ちょっと話が飛躍しすぎているが。。。兎も角面白い本である。

 


nice!(0)  コメント(0) 

なかなか暇にならない [一日一首]

2017年11月2日(木)
*霜月だいつの間にやら月変わりあっという間に二日になりぬ
当たり前のことだが実感である。
昨日は朝一番に松任の歌会展示場の手直しをしてきたが、
*ここで叉忘れ物をやっちまった「松の滴」を持ってゆきながら
 要するに飾るのを忘れてきたわけだ。
*今出さん振り込み忘れ電話⒮りやっぱりそうかと納得したが
 まだ再請求してないから、困ったものだ。
*玉ねぎの苗を植えるにも時間がない1割ほど植えてあとは一服
*農協へ行ってみたらもう終わり玉ねぎ植える時期を逃した
*久しぶり2階の書斎良い眺めゆっくり休んでやるべきをやる
*悟君当選はしただけだ後の面倒見るのが大変
 先日の本の続きを書きたいがそんなことやてては・・・


nice!(0)  コメント(0) 

やっとエジプトから帰って来た [一日一首]

2017年10月30日(月)
*久しぶりエジプトから帰りほっとするされどこれからが大変なのだ
*第一にグローバルWIFIなくなったまずこれからかたずけなくちゃ
*市議会の議員に当選おめでとう明日から彼の出納をやる
*文化祭その出展が2つ3つあと2、3日で片付けけなくちゃ
*福井市のお客さんの仕事やらなくちゃこれも急いで正確に
*コーヒーの元がなくなり困っちゃうⅠ,2日中に買いに行かなきゃ
*電波時計なかなか日本に馴染めない直すには金がかかると
*あれやこれ碁を打つ時間などありゃしない困ったものだ
とまあこんなところだが、
*エジプトで歌会の婆さの逝去知る1週間前に見舞ったのが最後
*遅くとも今日香典を届けたが家人いなくてそっと置いてく
*鉄人に土産を少し届けたが元気は元気だが体弱りたり
*時計だがインタネットの検索を教えて貰いやっと直した
駄作の錬ちゃんだ

『戦争はなぜ起こるか』だったと思うがそんなタイトルの本を読んだ、まだ途中だがメモ程度に書いておく。いくつかの点で納得のゆく点があった。ランダムにそれこそ「徒然なるままに」書くと
①アルジェリアの独立戦争、ベトナム戦争の終結、キューバのカストロの処理、朝鮮戦争の終結はなるべくしてなったものだ。
⓶フランスのドコール首相、アメリカのトルーマン大統領の英断が良かった・
③トルーマンがマッカ―サ将軍を辞めさせなくては朝鮮戦争はもっと大きな第3次世界大戦になったかもしれない。
④日本の第2次世界大戦の敗因の第一は①、②,③に気が付かなかったからである。
⑤アルジェリアの終戦だがたまたま10日ほど前当時アルジェで仕事をしていた商社マンと話をする機会があった。彼は「独立はしたけれど・・・」と否定的なことを言っていた。その時私は一言も言わなかったが。現在の世界的な風潮、独立の風向きから考えて「ちょっとね??」と思ったことは確かだった。その辺のことも載っていた。
⑥①のベトナム戦争の終結だが確か前の何かにも載せたが、やっとその理由が分かった。要するに植民地を維持するのに10倍以上の軍費が掛かるとのこと、日本が中国や朝鮮を維持しようとしても12倍の費用が掛かったそうだ。それは軍人とくに陸軍大臣とか海軍大臣が首相になり政治を牛耳っていて、引っ込みがつかなくなってしまった。そこで天皇だが・・・・(これは載ってない)
⑦マッカーサーが何故大統領になれなかったか、これは私の大きな疑問だったがこれで分かった。と思っている・・・


nice!(1)  コメント(0) 

やったあ井山が勝ったぞ [一日一首]

2017年10月17日(火)
*やったぞー井山7冠復帰だ勝てると思ってなかったが
*プロの棋士どっちとも言えない大勝負高尾に勝って7巻復帰
 
まさか17目の石を取られて勝てるとは・・・
インタネットでもこの勝負一色だった。
どれを見ても我々の及びもつかない勝敗である・17目盗られたときは多分生き返る手があるのだと思っていたが右辺を囲えばいいと思った三只、確かに数えてみると黒番の井山が残せると思ったのだが。
兎も角すごい勝負だった。

*午前中銀行で熊の金を整理3000円位入ったようだ。
帰ってから法句経をやったがやはり難しい。夜≫悟の所へ
 エジプロ旅行の準備は今一である。法句経で愛欲がどうの欲心がどうのと言われるとビビってしまう。浩子のところに何でこうか迷っている。バスにしようか電車にしようかということである。

そうそう、スマホサービスセンターで45分ほどいろいろのことを聞いた、でもすぐ忘れるから困ったものだ。
**(酔っぱらってきたのか誤字脱字が多かったので少し手直し)

nice!(0)  コメント(0) 

第2069冊 アブシンベルの王妃(クリスチャン・ジャック) [一日一首]

2017年10月10日(火)
*3千年前の事とは思われぬ考え方と言い生き方と言い
 この21日からエジプトへ行くのだがその下調べという意味でこの本ともう一冊第2065冊を読んだのだが・・・???と言う感じである。
 内容はラムセス2世とネフェルタリ―という妃が中心だが、他に①モーゼと言う旧約聖書に出てくるおとこ、②現在のシリアかレバノンかトルコ当たりのヒッタイト王国との争い、③ヌビアというエジプトの南の地方のアブシンベル宮殿のある処、④それにシェナルというラムセスの兄貴の話が中心である。そのほか蛇つかいとかいろいろ登場人物がいるがメモなしでは覚えきれない。全体としては本当に3000年前の話??と思うほど昔っぽい感じではないのである。当時日本は縄文時代だからせいぜいが三内丸山の時代である。それがここではあのスフィンクスやピラミッドを作ったのだから、何おかいわんや、もっともそれにふれたくてエジプトへ行くのだが・・・
 第2065冊でも書いたがラムセスには何人かの王妃がいて15,6人のこともがいたという、ところがこの中ではせいぜいが二人で仲でも最も大切なのがネフェリタリーという第2婦人である
nice!(1)  コメント(0) 

大義無き解散と「希望の党」誕生 [一日一首]

2017年9月29日(金)
*大義無き解散にほか小池さん希望の党を立ち上げにけり
*世の中は分からんことの多かりき無大義解散希望の党が
*世の中はホントによく動くもの何が起こるかさっぱりわからず

今日は朝雨が降っていたが10時ころには上がった。やるべきことばかりなのだがもたもたしてて結局何もやらなかった。
①法句経これの長歌化一向に進まず今日の一つもできず
②短歌に関する2冊の本の製本を頼んできた。
③碁に行こか迷った末に行かず終い何をしたのかさっぱり分からず
④獅子吼山行こうと思ったが靴がないそれを買うため3件探しぬ
⑤懸案の剪定のはしご掛けただけ一枝も落とさず
⑥井山の碁NHKの本探したが売り切れちゃってどうにもならず
⑦結局今日は何をしたのだろう自己嫌悪だけ残った一日
⑧あの靴やあの店員が気に入ったもし縁あれば亦見に行こう
⑨一向にベトナム戦争進展せず今月中に終わるのだろか
駄作の連作




nice!(0)  コメント(0) 

大義無き解散 [一日一首]

2017年9月18日(火)

*大義無き 解散をやる 安倍さんは 追及のがれ 野党等の 足並み乱れ もたもたを これ幸いに
解散と こんなものかと 嘆息す 野党も野党 何してる いまからでも 遅くない 力をあわせ 
頑張れば 安倍君なんか 吹っ飛ばせ
*大義無き 解散命ずる 安倍さんに 野党連中 頑張ってくれ

所で図書館から岩波新書の「国連とアメリカ」を借りてきたが明石康とは全くニューアンスが違うので戸惑ってしまう。

*メダカが 死んで浮いていた 死因は何 どうしてなのか 心配だが・・・
*ここんとこ あの鉢の中 変わってた 犠牲の魚 あれだけにして
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 一日一首 ブログトップ