So-net無料ブログ作成
検索選択
一日一首 ブログトップ
前の10件 | -

大義無き解散 [一日一首]

2017年9月18日(火)

*大義無き 解散をやる 安倍さんは 追及のがれ 野党等の 足並み乱れ もたもたを これ幸いに
解散と こんなものかと 嘆息す 野党も野党 何してる いまからでも 遅くない 力をあわせ 
頑張れば 安倍君なんか 吹っ飛ばせ
*大義無き 解散命ずる 安倍さんに 野党連中 頑張ってくれ

所で図書館から岩波新書の「国連とアメリカ」を借りてきたが明石康とは全くニューアンスが違うので戸惑ってしまう。

*メダカが 死んで浮いていた 死因は何 どうしてなのか 心配だが・・・
*ここんとこ あの鉢の中 変わってた 犠牲の魚 あれだけにして
nice!(0)  コメント(0) 

班長の秋祭り [一日一首]

2017年9月17日(日)
*台風が来るぞ来るぞと脅かされ戦々恐々してたのみ
*何であれ雨が降らずでよかったな今年は班長大変だった
*台風は何故かもたもた九州四国巡って今晩来るとう
一昨日補聴器を試してきた
*補聴器を試してみたがなかなかだされど10万に二の足を踏む
*次の日に耳鼻科で相談その結果今のところすぐ必要ない
*次は歯だ入れ歯をなくし大弱りされど思えば抜くんじゃなかった
*来月の終盤に行くエジプトは体調全部万全で行こう
*国連の本を読んで全くだ平和と貧乏兼行が第一
*自分には何ができるか判断す今は発句経で行こうと思う

nice!(0)  コメント(0) 

井山が勝った(若干直しました9/17) [一日一首]

2017年9月13日(水)
*2戦目で井山が勝って11だ何とか7冠に返り咲け井山
*痛快に中押し勝ちで勝ったのだやはり強いな井山は男
パソコンのライブ中継分かりにくいテレビでもなし囲碁は番外に
 NHKの囲碁も第一回戦は全局パソコンで見られたのに、どこからの圧力たかしれないが急に一か月ほど前から第2回戦だが、見られなくなった。おかしなことが起こるものだ!!!
*91の姉が亡くなり、昨日は葬儀やはり寂しい話できなくても
 友人に先日の白山登山写真を送ってもらうのだが、これがなかなか出来なくて困っている。Cメールが良いと思うのだが、彼はLINE云々という困ったものだ。


nice!(0)  コメント(0) 

姉が亡くなった(91才) [一日一首]

2017年9月11日(月)
*91の 姉が亡くなり大往生安らかに眠れ子や孫に囲まれ
*色々と世話になったねお姉さん遺漏になって話もできず
*そういえば娘と一緒に山芋を掘りに行ったね近くの山へ
*何度でもわが家の野菜世話になった最後の世話は何時だったかなあ
*思い出す自分の家の見えるとこ車いすで一緒に見たね
*有難うどれだけみんな助かったか姉さんの世話何もできなかったのに
*遥々と軽を運転根上へ朝早く来て野菜の世話を

nice!(1)  コメント(0) 

メモを残しておこう [一日一首]

2017年8月29日(火)
*何やかやあったけれども平穏な一日だったと安心しており
*北鮮が弾道弾を放しおり北海道の上を通れり

コンビニで書いたメモを残して置こう、あくまで私の個人的なメモなので・・・乞う許し
 
 ●メモより
今のところ順調である。
1.カイロへの直行便が安くなる
2.矢橋が車出来てビジネスホテル泊まるとのこと
3.永山が1日(金)に一緒に飲むことに 8/1 小松駅前20時集合
4.浩子・法子と9/12日に白山へ
5.昨日萱間氏と老々介護
6.*わが友は肩に捉まり老老歩く俺も近々捉まる方に
7.明日は今出電気である
8.今雨がかなり強く降っている、ひょっとしたら迎えに来てくれる様頼まなきゃいかん
9.東本電気の受講証明書の帳票を探す
10.スマホの電池について明後日明石さんから電話が来る
11.コンビニでコーヒを呑むのも活気があってよいものだ
12.多美さんに電話をかけるのは私と娘がダントツとのこと
13.私に掛かって来るのは永山、小林だが以前は萱間が多かった

1週間ほど前のメモ
 今日昼、永山と小松で一杯呑みながら詰の解答の突合せをやった。6問中2問がおかしいと言ったが分かったようだ(?)、何となく面白くなかった、氏と碁をやろうという意欲がわいてこない。
 明日は湯涌へ行く積りだったが下荒屋が土砂崩れにあったとは知らなかった、藤六へ行くには下谷を回る必要があるというから大変である。
 何となく、今一の精神状態である。

nice!(0)  コメント(0) 

スギナの根っこ [一日一首]

2017年8月26日(日)
 遊歩道に植えた岩垂草の所にスギナが生えて、猛烈に増えだした。昨年は除草剤でかなり消したつもりだったが年が明けるとまた顔を出してきた。書くと長くなるのだが、ある人によると以前ちょっと先の方で2,3年根気よく毟り続けたら消えてしまったと聞いて希望を持っているのだが。どんな様子で増えているのか根っこを掘り返してみたら驚いた。50センチも掘ったのだが縦横無尽に地下鉄の路線よろしく蔓延っていた。スギナの根っこ.jpg
穴の大きさは25cmx60cmくらいで深さは50センチはゆうにある。
写真は真上から撮ったものである。
それにしてもびっくりした。

*土筆の根ほっても尽きぬ縦横に地下鉄路線地図の如くに
nice!(1)  コメント(0) 

第2064冊 美しい村(堀辰雄) [一日一首]

2017年8月21日(月)
*こんなにも 初心な世界が 有ったのだと 美しい村 読んで思いぬ
第2064冊 美しい村
 上の歌がすべてを語っている。軽井沢だと思うが、そこでのひととき、かの背の高い女性とはどうなったのか知らないが・・・・
 例によって初めの方では「なんじゃこりゃ、野薔薇の事しか書いてないじゃないか」と思い、止めようかと思ったが我慢して最後まで来た。青空文庫からダウンロードして印刷したのだから(いや印刷してないな)、キーボードで最後まで読むしかないと途中途中に日付をメモし、3日目に上がった。
 また途中で「ええっこれが小説?」と思ったところがある。それは「私が、私が  」と私が多すぎるのである。
*何だかだ言いながらも 最後まで 読んでしまったが 何も残らず

nice!(0)  コメント(0) 

第2060冊 蟹工船 小林多喜二 [一日一首]

2017年8月7日(月) 
第2060冊 蟹工船
 なんだ今頃こんなもの読んでいるのかと言われそうだが、これに至るに2,3話題がある。一つは根気が無くなったということ、思えばこれを読むのに3日かかったということだ。二つ目はタブレットで呼び出し、読んでみたというのも初めてだ。3っつ目は最後にこの読後感を載せたのが6・28だから1か月半も何も読んでないということになる、2,3冊候補はあったのだが、一番目の根気がなくなり挫折てしまった。
 そんなこんなで最後には図書館から借りてきて読みあがった、読みあがったというほど大げさな本では無いのだが兎も角最後まで読んだ、やはり活字の方が楽である。
 さて肝心の内容だが、思っていたほど・・・でなかった。途中で「こんなことが続くようでは読むのを辞めようか」と思ったがそれほどでなかった。・・・・の部分というのは残酷というのか過酷、非情というのが続けばということだが、最後は団結して監督のやりかたに反発するという、これこそ多喜二が書きたかったことだろうがこの頃の労働者がこんなことをやろうとは思っていなかったので、びっくりした。
*これほどの過酷な環境で働くは国ためだといういうがとんでもないこと
*生と死の境を往き来する人は船上だけでなく戦場の方が
 先の途中で挫折したものの中に「ルソン戦記」というのがあるが500ページもあり、戦場というのは今も生と死の境を生きているのである。労働環境というのは全く変わり、生命の危険何というのはほとんどなくなってきた、素晴らしいことだ。もちろん日本以外の所ではそうでもないかもしれないが・・・いづれ戦争というものも机上でのみ戦うという時代が来るかもしれない、一寸ボタンを押し間違えたので原爆を落としてしまったという時代が来るかもしれない。
 いろんなところで資本家というのか財閥というのか三井、三菱を思わせる金持ちの事が出てくる。さすが共産党員だわいと思ったが、私は決してアンチ共産党ではないがシンパでもない。

nice!(0)  コメント(0) 

風草か? [一日一首]

2017年8月2日(水)
今は明日の大腸検査のための下剤やら特別食やらで体がおかしくなっている。大したことが無ければいいが、明日の結果待ちである。
 ところで遊歩道の雑草だが
風草1.jpg
風草2.jpg

二つとも映りが悪いが、携帯では仕方があるまい。草の名前だがいろいろ候補が上がったが、いまのところ「風草」最有力候補である。他に有力なのがヌカキビ、稚児草、カラスのカタビラ・・・などがあったがこれに決めた。

やっと分かった雑草の名前 [一日一首]

2017年7月29日(土)
*漸くに分かった雑草車葉石榴草とは難しい名だ
車場石榴層.jpg
雑草なのだがなかなかその正体がつかめなかったがやっと、娘の「日本の野生植物」という図鑑で分かった。名前が分かったのでインタネットで調べるとちゃんと出ている、どうして検索していいのか分からなかっただけらしい。
 写真は写真を撮るために持ってきたものをメダカの鉢に入れておいたものだが、どっしり座って我が物顔でいるからかわいい。外国産の草だとか。広い畑に一面に生える曲者で面倒なものである。家の庭にというか畑にもあるし、遊歩道の草取りをしているとそこにもたくさんある。一年草だしそれほど姿形は悪くないので邪魔ではないのだが一面に生えるというのが問題である。

前の10件 | - 一日一首 ブログトップ