So-net無料ブログ作成
日に一短歌 ブログトップ
前の10件 | -

なかなか風邪が治らない [日に一短歌]

2017年11月16日(木)
 風邪が良くならないが起きられないというほどでもない。
 そこで件の碁ガタキと一杯飲んで数独の解き方の話になった。2週間ほど前の5つ星の新聞の問題だが、私はその日に解けたがかれはどうやっても解けないから、どうやって解くのか教えてほしい。ということで出かけたが・・・・
 もともと、彼にこうするのだということを教えたのは私だが、もう3年ほど前になろうか。かれは問題をA4のコピーに大書して3枚目になるが分からないと言う。最初に教えた方法とは違っていたのでこれはこうした方が良い。といったがなるほどというが結局元の間違ったやり方でやろうとするから、「いうことを聞けないのなら儂は帰る」といって帰ろうとした。
想い出したのが法句経の「旅をして 自分より以上 の人とか 同等の人 と共に行け そうでないなら 一人行け」と言う釈迦の言葉を思い出したのである。他の事でもちょっと言い合ったが、今までこんなことはなかったのだが・・
*言い合うが仲間外れになかったにきょうは変におかしくなった
*エジプトでずっと思ってた法句経あの一句がついに実現
*世の中じゃ日馬富士の暴行が儂もあの時許されればという気になる
最後に風邪が治らないのでマスクを買おうかと「思っている」といったら、彼は寝るとき「口に栓をして寝るんだ、栓といったかテープを張ると言ったか分からないがそれをやったらいいといったが「私は何も反論しなかった」が「いうこと聞けないのか・・」ということになった険悪な空気になったので別れたが・・・


nice!(1)  コメント(0) 

第2070冊 いのちの旅(青木新門) [日に一短歌]

2017年10月16日(月)
何となく慌ただしい、エジプト旅行がまじかに迫ったということもあるが、従兄弟が市議会議員選に出るというので大変である。それと来月初めの文化祭出展である。それはともかく・・
第2070冊 いのちの旅(青木新門)
 誰から貰ったのかと見てみると金子というハンコを押してあった。あっつそうかあの人かと思い当たるのだが何時貰ったのか思い出せない。ふっと読んでみると面白い、著者はあの映画「おくりびと」の原作者でその元が「納棺夫日記」というものらしい。アカデミー賞をもらったというその映画にしろその原作にしろ私には縁のない本なのだが、各話が6ページで終わりそれぞれに1ページの見出しと写真が一枚付いているので読むのは簡単である。内容は真宗の坊さんなので親鸞がしょっちゅう出てくる。ほかに他宗の宗祖の話とか西洋文学の話が出てくる、そのほとんどは私の知らないものだが、それほど深い話ではない。「おくりびと」で有名になり全国から講演に来てくれという声が掛かり全国を飛び回っているのだがその時の思い出話集である。でも話題の豊富な方であるという印象は持った。ただ公演の帰りにどこへ行った、ここへ行ったというのが多すぎてちょっと・・・・だった。
 残念ながら一つとして覚えている話がない・・・・目次を見ても出てこない・・・困ったものだ
*どんなこと 何でもいいから 想い出せ そうでなければ 申訳ない
*坊主でも今の宗教おかしいと思っているらし当然だろな
*死ぬ人も病院のベッドの上で死ぬ子や兄弟に看取られるは僅か
*私は一体どうして死ぬのか不思議だね布団の上か事故死なのか

昨日市議選にでる男の家で、かつてアルジェリアに赴任していたという商社マンと話した。アルジェリアは言わずと知れたフランスの植民地だったがそこから解放したのはアフリカでは最初の国だったと思う。彼曰く「植民地解放というが私の経験から言うと解放後は解放前よりどれだけ悪くなったか知れたものじゃない・・・」と力説していた。私は「あなたは商社マンとして上層階級の人と接していたから庶民の苦しみなんて分からなかったのでは?」と聞いたが何をかいわんやという感じだった。
 私は人類(といえば大げさだが)は少しづつ進歩しているのだはない、その一歩が植民地解放である、エイズの問題にしろ色々な人が苦労して世界平和に腐心している。なかには北朝鮮やイラク、イランなどという国もあるがそれは一時の事だと思う、少しづつ少しづつ人類は進歩しているのではないかと思うのである。
 
nice!(0)  コメント(0) 

今ベトナム戦争について読んでいる [日に一短歌]

2017年9月27日(水)
*ベトナムの戦争済んで50年少しわかったあの戦争の事
*冷戦とう馬鹿げたことで戦争を今もくすぶる北朝鮮が
*何のためアメリカが応援したのかと思うがおかしソ連とのこと
 歌になってないが、今から思えば南北対立というのか米ソの争いと言うのは分からんでもない。どっちがいいとか悪いとかでなくいわば宗教戦争みたいなものだ。今やっとケネディーが登場するところだからこれから9年も続くのである。この資料は何年か前インタネットを印刷したものだが30ページもある。「ベトナム戦争」という岩波新書を買ったが今どこにあるか分からない。ところで、この戦争も誰一人として戦争責任を問われなかったのでは・・・
 ゴ・ジン・ジェムなんていう名前は当時何も知らなかった私も聞いたことがある。1954年と言えば20歳のころだから大学2年か3年のころである。何故あすこでアメリカが戦うのかと疑問に思ったがそれ以上深く考えなかった。それくらいノンポリだったのか・・・(ちょっと本題と変わるが似たような印象が残るのが中国の文化大革命である。これも分からなかった。)
*ソ連消え中国のみが共産党いつまで続くのだろうか
 私は共産主義が残るとは思わない、ソ連が何故北鮮をバックアップするのかよく分からないが中国にしろキューバにしろ共産主義国が生き残るとは思えない。どう考えても人間の生き方に反するからである。アメリカの方がまだましである。日本の政治家は何をやるか分からないから怖い。
*生きてる間に共産無くなればいいと思っているがさてどうか


nice!(0)  コメント(0) 

何とかやっている [日に一短歌]

2017年8月12日(土)
*負けちゃったついに2目に戻された何とも思わぬ自分が変だ
*広田さん年取ったねと言いたいが自分も一緒じゃ慰めあうしか
*英語で音楽の事現地人に説明する姿こそ素晴らしい
*何を行ってるか全くわからねどあのピアノの音素晴らし
変に文句をごたごた書くより、メモとして残すにはこの下手な短歌の方がいいということが分かった。
他人には何のことかさっぱりだろうが日記代わりに書くのだからいいだろう。それじゃ自分の日記に書いたらということになるが、それはそれ。。。。
 今読んでいるのが「スフィンクス」という小説だがどこまでフィクションでどこからが実際あったことか分からないが。時代が昭和37年ごろだからちょっと古いのが欠点。いずれ読後感で載せるがアフリカの国名や首都名を調べるのが大変である。アルジェリアの独立も調べてみたいが。。。。


nice!(0)  コメント(0) 

コンクリートの上でスッテンコロリン [日に一短歌]

2017年7月24日(月)
A)*衆議院安倍さん迎え訪ねるが相手のガード固くて開かぬ
① 今年に入って初めて加計学園の事を知ったというのが、去年の年末にあの怪メールは回っていたのでは? 自分が出したのではないとしても部下があるいは取り巻きが出したとしても安倍君自信が知らないなんて、おかしい ②去年の秋には既に建設工事が始まっていた、だが今年になって初めて知ったというのはどうにも眉唾である・・③そんなこんなで茶番劇をみてテレビを切った。
B)晩飯が終わってから、いつものように散歩だが、懐中電灯を持って歩く。今日はちょっとコースを変えた。近くに川があり、親水公園というのがある。そこへ回ったのだが石段を下りるとぬるぬるになっていて、スッテンコロリンと転んでしまった。びっくりしたが幸いに事なきを得た。怖い怖い!!!これから注意しよう。


昨日は大変な一日であった [日に一短歌]

2017年7月20日(木)
昨日は昼頃から富士写ヶ岳へ行って来た、ここは4月17日にも登ったが途中で引き返してきた山だ950メートルほどあるが白山登山の練習と思っていったのだがとんでもないことであった。4時間くらいかと思ったのが7時間かかってしまった。スマホの電池は切れるは誰も他の人は登ってこないわで大変な思いで降りてきた。案の定家内はパニック状態東京や金沢の娘に電話するが私から電話があった時、安心っと怒りでどうしようもない状態だった。穴居家へ帰ったのが8時過ぎで4時間遅れだった。降りてkら直ぐに山中温泉のホテルの電話で連絡したのだが・・・・・
教訓1.スマホの電池は100%にして登るころ
教訓②.やはり二人で登ること
注:まさかこの山に登る人がこんなに少ない(私を含めて3組)とは思っていなかった。

facebookとtwitterに振り回されている [日に一短歌]

2017年7月14日(金)
*知らぬ間にfacebookとtwitterに振り回されている
*長歌をばなんとか世間に広めたいと思ってtwitterに挑戦したが
*ログインがどうのパスワードがこうのと煩いことばっかり

いつの間にか9日である [日に一短歌]

2017年7月9日(日)
*7月もいつの間にやら9日だ光陰矢の如しとはなあ
*Twitter取説呼んでも分からない情けないけど頑張ってみる
*政治とか長歌とかを見てみたいこれでFacebookを離れた
*似ているが難しい用語多すぎるこんなことではいけないと思う
*俵万智小沢一郎をフォローするしかしこれが本当のTwitterか
*政治とか 長歌とかを
 フォローして 何時かはTweet
 やりたいが 今のままでは
 ちょっと無理 すぐに飽きては
 ゲームする これじゃいかんと
 思うけど なかなかこの癖
 治らない

ゆっくりやるしかな [日に一短歌]

2017年7月3日(月)
*何してもどこか抜けてるここかしこゆっくりやるしか生きる道なし
① びっくりしたのは白山登山の予約である。友だちと7/15(土)に行く予定で連絡が終わっていたのだが。肝心の予約をしてなかったが、既にいっぱいだった。
*肝心の予約をせずに行くという連絡だけが先走りする
*元を言えば週末に行く事自体がそれほど向かず予約の気を削ぐ
*ウィークデイー空いた日があるのだが大会社の副社長は予定が立たず
*結局は9月になれば空く日ありその時にしようと一応決着
②昨日日曜日は歌会の婆さんたちを車で運ぶ予定だったが・・・
*大変だ車のキーが見つからない仕方なしにスペアで間に合わす
*最後の掃除の最中テレビの将棋エンジンかけっぱなしドアは開けっぱなし
*さて行こう出たはいいけど途中でブシュどうにもエンジン掛からぬではない
*形態を家に置いてきたさあ大変家へ帰って車屋に連絡
*歌会の連中にも連絡を何とか無事に事なきを得る
*ガソリンが切れてストップなんじゃこりゃガソリン入れたらスッと掛かりぬ
*歌会は結局ゆかずすべてパーあれほど車を奇麗にしたのに
③遊歩道の草むしりだった
*本来は海岸掃除されどまた遊歩道の掃除の指導に
*1時間掃除が終わり見てみるとああ折角植えた花なし
*次の日(今日3日)に押し飢えしては水をやり何とか終わりぬ
*雨が降ればなんとかなるが明日台風来るが大雨叉大変だ
④トウモロコシが風で倒れる
*おかしいなトウモロコシが倒れてるそんなに強い風でないのに
*倒れそうトウモロコシに補助の土掛けて様子を見るしかない
*今日一日歩いた歩数一万歩何だかんだとよくも歩いた
⑤金曜日に行って来た古文書解読の結果
*まだ残る読めない文字や分からない言葉はあるが90%に
*こんなこと長歌にすればいいのになあ何故か進まず

弱ったものだ [日に一短歌]

2017年6月22日(木)
*一週間掛けて作った資料など忘れて行って顔面蒼白
*ハードコピー プロジェクターは持ち行けど肝心要のパソコン忘れた
*帰って取りに行っては一時間その間お客さんに待ってもらわにゃならぬ(30名弱の人)
*奥方に頼もうと思ったが今日は留守四面楚歌で窮地に落ちる
*幸いにメンバーの助言に助けられ事なきを得て無事に終わりぬ
*こんなこと今までに無い失態だ出席者に迷惑無きでよかった
*家を出るまで懸命に作った資料や絵なんにも役に立たずに終わる
*弱ったなこんなに忘れて良いのだろうかいいはずがない止めることにするか
*止めるのはいいがこれからどうするか客に迷惑自分も困る



前の10件 | - 日に一短歌 ブログトップ