So-net無料ブログ作成
日に一短歌 ブログトップ
前の10件 | -

何とかこごみに有りつけた [日に一短歌]

2018年4月23日(月)
*降るでなく照ることもなしこごみ採り我も満足彼も満足
*不思議だね北陸の人誰一人こごみ採ること知らないとはね
*そのおかげ毎年こごみ採るわたし一人で十分満足して帰る
*おすそ分け二人の友に喜ばれ我も満足彼も満足
*もう降ってよいぞ天に声を掛けもう降らんかと天を眺めおり

nice!(0)  コメント(0) 

今回の碁の日は負けた [日に一短歌]

2018年4月5日(木)
*負けちゃった10穆差で負けちゃった勝つチャンスは一杯あったのに
*おかしいな有利になると油断する今までこんなのなかったはずに
 今朝は8日の神社掃除の放送を依頼してきた、単なる文句でなくて晴れか雨かで内容を違えるというのが難しく(と言うのは前もって録音しているので当できないという当日変えることができないという)なんとかそれをできるように頼んできた。
それからが碁、結果は上記短歌の通り。昨日雨だったので今日も雨かと思っていたら晴れた、変な日である。
*雨かと思っていたら見事晴れ変な天候されど春が
兼六園の桜.jpg 写真はケ兼六園の桜だ。一昨日行って来たのだが満開だった。 *あちこちに櫻を告げる信号が私も桜と小さいながらも
nice!(0)  コメント(0) 

何から紹介しようか迷う [日に一短歌]

2018年4月2日(月)
*あれやこれ何から載せよか迷うほど色々花が野に咲いている
*花海道小さくなったが今年又素敵な花を見せてくれるか
このブログに載せようとすると要領オーバーで写真を小さくするか余計な部分をカットしなきゃならない。それがかなり面倒なのだが、Facebookではそんなことがないので楽だ。
*容量がちょっとオーバー載せられないそんなこと今の世で通用するのか
はなかいどう.jpg
第2084冊 風と雲と 陳舜臣
 これは図書館の廃止図書で手に入れたものだが不思議な本だ。小説なのだがやたらと登場人物が多く誰が誰やら分からなくなるほどだ、メモを書いているのだがさっぱりである。結論から言うと3分の一くらいでやめてしまったというものだ。内容は江戸期最初のころが舞台でそのころが如何にキリシタンに気を使っていたかと言うことが分かる。また出島とか長崎、蘇州、厦門、とか中国の南の方との貿易が非常に盛んだったということが分かった。何をやり取りしていたかと言うと日本からは・・?・・あれっつ何だったけ、中国からは・・・ほらあれ・・・生糸、そうそう日本からは銀だとか金(?)とかだったらしい、またアヘンとかの貿易もかなりあったらしい。この本はそんなことが中心でなくそんな貿易船の海賊と言うの略奪船の覇権争いが一つのテーマだったのか。もう一つ秀吉の孫が中国に生きておりそれが長崎へ紛れ込んだということも一つの話なのだが・・・
 兎も角この本は初版らしいが、今インタネットで調べると下巻もあるらしい。書いているうちにもっと書こうと思ったのだろう、不思議な本だ。

nice!(0)  コメント(0) 

雪割草が一杯咲いていた [日に一短歌]

2018年3月31日(土)
 昨日近くの憩いの森公園で雪割草を見てきた。多分今が旬だと思う(と言っても食べるわけではないのだが)、有名な輪島の猿山岬のよりはちょっと小振りだが一生懸命に空いている様子が好きだ。Facebookにも載せたのだが、このサイトの様に写真の容量制限が無いのが良い。でも仕方がないので一つ載せよう。
*春の陽をぽかぽか浴びて雪割草あっちこでっち競って咲けり
*やることをすっかり忘れ雪割草写真を撮ってそのまま帰る
雪割草.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

なんだかんだと [日に一短歌]

2018年3月18日(日)
FACEBOOKに載せた駄作である。
色々あるものだ
先ず朝一番で県道で競歩全国大会がありそれを一時間ほどみてきた。
*若人の競歩大会天気よし一生懸命歩く姿良し
*昨日した畑の囲い写真撮るパチリパチリと嬉しくもあり
*ジャガイモの種を植え付けああしんど3キログラム夏には子をなせ
*野々市の椿祭りを見に行くも種類の多いのに驚く
*金沢の大乗寺の歴史の講演会を中座して出る
*井山勝ち2連覇とは凄いもの半目勝ちで余裕の勝利
nice!(0)  コメント(0) 

車のキーがどこかへ行ってしまった。 [日に一短歌]

2018年3月16日(金)
*ああ又か車のキーが何処へやら半日探せど姿を見せぬ
*スペアーのキーに世話になり外出す風呂からコーヒ豆を買う
*コーヒの店屋の奥方品がよく顔が奇麗で又行こう
*あれこれと説明聞いても上の空そのおばさんの顔ばかり見てる

nice!(0)  コメント(0) 

キュウイの剪定をした [日に一短歌]

2018年2月16日(金)
*漸くに晴れ上がった空2月はそうだキュウイの剪定の月
*膝までの雪を越え着て剪定を背が高くなり何度でも頭打つ
*文春を頼んだコンビニ気が付かず連絡なしで1週すぎぬ
*この短歌集めたものを駄作と言いファイルをしたが」それが見つからず
*スケートもスキーもカーリングそれぞれが懸命に頑張る虚しき戦い

nice!(0)  コメント(0) 

大雪残詠 [日に一短歌]

2018年2月11日(月)
*若いころはこんなものじゃなかったとドレだけ言っても子らは分からず
*38の豪雪の時はッ凄かった一か月はバスが不通に
*56の豪雪の時は」アメリカへ出張とあって全く知らず
*老人の小便するようにちびちびと小降りにすなと言ったら豪雪
*豪雪と言っても昨日晴れの日の終りにゃ半分水となって流る

nice!(0)  コメント(0) 

今日も川北温泉へ行って来た [日に一短歌]

2018年2月10日(土)
*雪のためリサイクルの応援中止だとこの雪ではしょうがあるまい
*昼からは川北温泉200円昼飯を食べ昼寝して帰る
*図書館が2階にあるのが素晴らしいビールの眠り2時間で醒める
*オリンピック儂には全く関係なしやりたければやっれと言う感じ
*それにしても凄い雪だな車を出すのに四苦八区すする
*どうやら儂は車庫入れが下手らしい何度やっても出ることを得ず
*昨日はうまくいったが今日は広くなってるのにもたもたしてる


nice!(1)  コメント(0) 

実に色々なことが起こるものだ [日に一短歌]

2018年2月9日(金)
もう9日だこの間お色々なことがあった。
⓵大雪である、内の辺りでも60cmは優にある」。
⓶パソコンが壊れたが・・・
③折れた歯は治ったが・・・
④歌会の歌誌がなかなかできない。
⑤確定申告も①の為遅れている。

大雪だ 60センチを超す
大雪だ 車は止まる
徐雪が 遅れ家から
出られず むかしの人は
どうしてた 現代人は
便利過ぎ 金さえあれば
何でも可 テレビを見ながら
心配なし 大雪の話
相撲界 芸能人の
スキャンダル そうしているうち
パソコンが 立ち上がらなく
大弱り 確定申告
歌会の 歌詞の編集
まかされた それの締め切り
少なくても 今月中
いそいで  すぐに電気屋へ
ヤマダ電機へ
ああ、疲れた止めます(中断)

 

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 日に一短歌 ブログトップ