So-net無料ブログ作成
検索選択
日に一短歌 ブログトップ
前の10件 | -

コンクリートの上でスッテンコロリン [日に一短歌]

2017年7月24日(月)
A)*衆議院安倍さん迎え訪ねるが相手のガード固くて開かぬ
① 今年に入って初めて加計学園の事を知ったというのが、去年の年末にあの怪メールは回っていたのでは? 自分が出したのではないとしても部下があるいは取り巻きが出したとしても安倍君自信が知らないなんて、おかしい ②去年の秋には既に建設工事が始まっていた、だが今年になって初めて知ったというのはどうにも眉唾である・・③そんなこんなで茶番劇をみてテレビを切った。
B)晩飯が終わってから、いつものように散歩だが、懐中電灯を持って歩く。今日はちょっとコースを変えた。近くに川があり、親水公園というのがある。そこへ回ったのだが石段を下りるとぬるぬるになっていて、スッテンコロリンと転んでしまった。びっくりしたが幸いに事なきを得た。怖い怖い!!!これから注意しよう。


昨日は大変な一日であった [日に一短歌]

2017年7月20日(木)
昨日は昼頃から富士写ヶ岳へ行って来た、ここは4月17日にも登ったが途中で引き返してきた山だ950メートルほどあるが白山登山の練習と思っていったのだがとんでもないことであった。4時間くらいかと思ったのが7時間かかってしまった。スマホの電池は切れるは誰も他の人は登ってこないわで大変な思いで降りてきた。案の定家内はパニック状態東京金沢の娘に電話するが私から電話があった時、安心っと怒りでどうしようもない状態だった。穴居家へ帰ったのが8時過ぎで4時間遅れだった。降りてkら直ぐに山中温泉ホテルの電話で連絡したのだが・・・・・
教訓1.スマホの電池は100%にして登るころ
教訓②.やはり二人で登ること
注:まさかこの山に登る人がこんなに少ない(私を含めて3組)とは思っていなかった。

facebookとtwitterに振り回されている [日に一短歌]

2017年7月14日(金)
*知らぬ間にfacebookとtwitterに振り回されている
*長歌をばなんとか世間に広めたいと思ってtwitterに挑戦したが
*ログインがどうのパスワードがこうのと煩いことばっかり

いつの間にか9日である [日に一短歌]

2017年7月9日(日)
*7月もいつの間にやら9日だ光陰矢の如しとはなあ
*Twitter取説呼んでも分からない情けないけど頑張ってみる
*政治とか長歌とかを見てみたいこれでFacebookを離れた
*似ているが難しい用語多すぎるこんなことではいけないと思う
*俵万智小沢一郎をフォローするしかしこれが本当のTwitterか
*政治とか 長歌とかを
 フォローして 何時かはTweet
 やりたいが 今のままでは
 ちょっと無理 すぐに飽きては
 ゲームする これじゃいかんと
 思うけど なかなかこの癖
 治らない

ゆっくりやるしかな [日に一短歌]

2017年7月3日(月)
*何してもどこか抜けてるここかしこゆっくりやるしか生きる道なし
① びっくりしたのは白山登山の予約である。友だちと7/15(土)に行く予定で連絡が終わっていたのだが。肝心の予約をしてなかったが、既にいっぱいだった。
*肝心の予約をせずに行くという連絡だけが先走りする
*元を言えば週末に行く事自体がそれほど向かず予約の気を削ぐ
*ウィークデイー空いた日があるのだが大会社の副社長は予定が立たず
*結局は9月になれば空く日ありその時にしようと一応決着
②昨日日曜日は歌会の婆さんたちを車で運ぶ予定だったが・・・
*大変だ車のキーが見つからない仕方なしにスペアで間に合わす
*最後の掃除の最中テレビ将棋エンジンかけっぱなしドアは開けっぱなし
*さて行こう出たはいいけど途中でブシュどうにもエンジン掛からぬではない
*形態を家に置いてきたさあ大変家へ帰って車屋に連絡
*歌会の連中にも連絡を何とか無事に事なきを得る
ガソリンが切れてストップなんじゃこりゃガソリン入れたらスッと掛かりぬ
*歌会は結局ゆかずすべてパーあれほど車を奇麗にしたのに
③遊歩道の草むしりだった
*本来は海岸掃除されどまた遊歩道の掃除の指導に
*1時間掃除が終わり見てみるとああ折角植えた花なし
*次の日(今日3日)に押し飢えしては水をやり何とか終わりぬ
*雨が降ればなんとかなるが明日台風来るが大雨叉大変だ
トウモロコシが風で倒れる
*おかしいなトウモロコシが倒れてるそんなに強い風でないのに
*倒れそうトウモロコシに補助の土掛けて様子を見るしかない
*今日一日歩いた歩数一万歩何だかんだとよくも歩いた
⑤金曜日に行って来た古文書解読の結果
*まだ残る読めない文字や分からない言葉はあるが90%に
*こんなこと長歌にすればいいのになあ何故か進まず

弱ったものだ [日に一短歌]

2017年6月22日(木)
*一週間掛けて作った資料など忘れて行って顔面蒼白
*ハードコピー プロジェクターは持ち行けど肝心要のパソコン忘れた
*帰って取りに行っては一時間その間お客さんに待ってもらわにゃならぬ(30名弱の人)
*奥方に頼もうと思ったが今日は留守四面楚歌で窮地に落ちる
*幸いにメンバーの助言に助けられ事なきを得て無事に終わりぬ
*こんなこと今までに無い失態だ出席者に迷惑無きでよかった
*家を出るまで懸命に作った資料や絵なんにも役に立たずに終わる
*弱ったなこんなに忘れて良いのだろうかいいはずがない止めることにするか
*止めるのはいいがこれからどうするか客に迷惑自分も困る



とんでもない日だった [日に一短歌]

2017年6月17日(土)
実は昨日の事なのだが、とんでもない日だった。
*忘れてたお客様との約束を行きますと言ったのにすっぽかちゃった
*気が付いたそれが夜中の11時明日は土曜日やってるだろうか

そして今日
*ああよかった何とか今日も出勤日10時に約束何とか果たす
*22に講演会を開くのにその打ち合わせ何とか完了

*それからは2目置かせて[×]に〇何とか2目を維持できた

狭いところで色々釣り方があるものだ [日に一短歌]

2017年6月15日(木)
 今朝は7時から釣に出たが小さな鱚が15匹ほどしか釣れなかった。
 私自身はこれで十分と思っていたのだが、上には上があるものだ。①私が出るのt同じ時間に上がってきた人がいたが、彼はかなりの中鯵を持っていた。3時半ごろでるのだという。 ②私は9時半ごろまでいたのだが同じ時間に一緒に上がってきた人がいた。彼は同じ個所にじっと動かず釣っていた、彼の釣果は大型のキスばっかり、今はもう大型のキスはつれないものと思っていたがあんなところで連れのだと知りびっくりした。

 今日は短歌も何も出ない、今日は歌会だったが、その時のことはいづれまた。
*102才 自分一人で 胃瘻する 化け物しか 言いようがない
心臓に 腫瘍ができて 手術せず ある日24時間の 命とぞいう
 寛恕は91才心臓の主要だが手術するかこのまま見るかで後者を選んだ、これはある日破裂すると24時間以内になくなるという。かと言って手術してもいろいろ危険を伴うという。
まだ一人いるが、兎も角化け物みたいな人ばっかりだ。「化け物短歌会」とでも名付けようか。
 

第2056冊 韓国に関する雑誌「中公」「SAPIO](続) [日に一短歌]

2017年6月5日(月)
第2056冊の続き
 特にSAPIOだがなかなか面白いと思った。中公は書いてあることがよく分からなかった。
 SAPIOのほうは舛添要一「知事失格」独占告白というのも面白かった。特集の韓国がどうしたの北朝鮮がこうしたのというより・・・『”ドン内田”の実像』とか『豪華外遊の必要はあったのか』などがあ㋲白かった。石原知事というのは週に3,4日しか出勤せずそれも遅出の早上がりというやつほとんどはドン内田が取り仕切っていたらしい。また豪遊という意味では石原の方が家族ぐるみでとの費用で行っていたとか、あっと驚くような話である。
 また『トランプはFBIに追われ、大統領を放り出す』という落合信彦の論文も面白い。
 小林よしのりの漫画も分かり易く面白い『共謀罪・国会参考人・招致』『教育勅語では道徳は復活しない』というのも教育勅語の歴史とか意味とかが分かり易く説明されていて面白かった。しかし、最期に『共同体を破壊しているのは、今の新自由主義的な資本主義環境である。』、「会社もとうに共同体ではなくなり、中間層が細って貧富に差が拡大し、地方の集落は消えて行く。」『社会は弱肉強食化し、「自己責任論」が大手を振って流通する中で、道徳なんかどうやって、確立するんだ?!』という話は唐突過ぎてよくわからなかった。
 これらも週刊誌並みと言えば言えなくもないが、ほかに金塊がどうしたなんて言う週刊誌ネタもある。「平成総理云々」というのには見向きもしなかった。
*舛添も石原もみな同じ穴分からないのは庶民だけかも
*ドン内田知事と議会を牛耳って知事も自分も好き放題に
*パン屋駄目和菓子屋ならオーケーと国会議員の考えること



第2056冊 韓国に関する雑誌「中公」「SAPIO] [日に一短歌]

2017年6月4日(日)
第2056冊 「中央公論」6月号『北朝鮮の暴走、韓国の迷走』、「SAPIO」7月号『韓国「半日の嵐」再び』
 いみじくも二つの月刊誌に似たような特集が組まれていたので読んだ。韓国では文在寅(ムンジェイン)氏が当選し親北朝鮮ということで世界中がびっくりし、期待もしているようだが、今の中距離ミサイル発射云々でややこしいことが起きている。また韓国の半日感情については豊臣秀吉の韓国征伐から始まって、最近は竹島問題と様々な問題がある。中でも最近問題になっているのが慰安婦問題、徴用工像の問題である。韓国には根強い反日感情があるらしい。新大統領はそれほどでもないようだが困ったものだ。たまたま今インタネットを見ていたら韓国の教科書では日本文化のほとんどの物は韓国が教えたのだと書いてあるらしい。そんなことを云々する気はないが残念ながら日本が韓国より経済的にも学問の世界ででも一歩も2歩も先を行ってるということへのやっかみかもしれない。法句経にあるように「怨みを持つ人はその人が捨てないと、永久にその気持ちは溶けない」とあるようになかなか難しい問題だがそう願うしかない。
 私は北と南が一緒になってくれないかと願っているのだが、どうもそれは難しいことのようだ。
*韓国も北鮮も亦近寄らずいがみ合ってはどうにもならぬ
*何故だろう極貧の国北鮮が大国相手に戦争でもやるのか
 先日あった金正恩の兄貴の殺害事件なんて言うのは全く問題にならないらしい。これも不思議な話である。
*中国の韓国北鮮3つ巴日本も領土でやっぱり争う

前の10件 | - 日に一短歌 ブログトップ