So-net無料ブログ作成
検索選択
教えてください ブログトップ

一つわかりました:バーベナでした [教えてください]

長い間これはなんだろうと思っていた花の名前がわかりました何という花?1.jpg
 
これです。
バーベナと言うそうです。同じ仲間でいろいろの種類があり バーベナ・ボナリエンシスが正式な名前です。
「美女桜」と言う名前が好きなんですが、どうやら別の同じ仲間の種類らしいですね。これは1メートル近くの高さになるのですが他はそんなに大きくならないようです。色もまちまちでピンクだとか黄色もあるようですね、また宿根のものと種まきのものがあり面白いですね。今度は背の低い赤色でも探してきます。

何という草ですか? [教えてください]

不明1.JPG

庭の砂崩れ対策として海からとってきたのですが、図鑑で調べても名前がわかりません、教えてください。
 セキショウイ、ヤマスズメノヒエ、ハナビセキショウなど候補はあるのですがちょっと違うようです。
 特徴は葉も花も下からしか出てないということ。海の浜に生えていた。高さは花の場合大きいので30センチ、花(実)は通常はひとかたまりなのですが、上で3つに分かれるものもあります。
 茎は丸ではありませんが、何角とは言えません。
牧野だとか、他の植物図鑑を調べたのですが、生息(?)場所が山だとか湿地とかではっきり違います。
お分かりの方は教えてください。

何という花ですか? [教えてください]

何という花?1.jpg

この花の名前を教えてください。
以前ホームページでも聞いたのですが、どのように知らせるか準備してなかったので分かりませんでした。
接写も撮ったのですがピントが合わずやめました。
主婦の友社の「花づくり大百科」には載ってないように思いました。牧野の図鑑には載ってませんでした。
お分かりの方はすぐにわかるのでしょうが、茎は4角、濃い紫の5弁花です。

読み方が少しわかりました [教えてください]

天地の書1.JPG

天地の書2.JPG

5月31日に上の色紙の読み方を教えてください。と出したのですが、今日お寺で法要があり、出席の坊さんに訪ねたのですが若干わかりました。というのはやはり3文字目が分からないというこで、通してのいみがいまいちわかりずらいのです。
只はっきりしたことは、拡大部分は「月と吾」だそうです。
3文字目は「幾」らしいのです。私も書道の本を調べてみるとそうらしいということは分かっていたのですが、何人かいる坊さんの中に「幾」だとおっしゃる方がいたので多分間違いないと思いますが、すると意味があまりよく分からないのです。漢和辞典で調べたのですが・・・
 「天地はしずかに遊ぶ月と吾」とでも訳するのですかね。しばらく宿題にしておきます。ひょっとしたら禅と関係があるのかもしれませんが、今日の坊さんは一応(?)曹洞宗の坊さんなのですがね・・・
 ところで拡大部分ですが、ひらかなの「よ」は「与」でして「〜と」の意味ですね。「五」に似た字は「吾」です、念のため。外の長い半丸は「月」です。今日の寺の庵主さんは一目「吾と月」とおっしゃたのですが、流石と思いましたが、帰ってみると「月と吾」だと思います。

読み方を教えてください [教えてください]

今は亡き清水浩龍老師(戦後、金沢の大乗寺の住職)の色紙を整理してましたら、こんな短冊が出てきました。
天地の書1.JPG
署名というのですか、左下の「前」は「前大乗浩龍」の略で他に「前大乗」とも書いておられます。

そこで短冊ですが3文字目(「幾」か??)と最後が分かりません。
最後は拡大しますと以下のようになるます。
天地の書2.JPG
お分かりの方がおありでしたらお願いします。
福益

教えてください ブログトップ