So-net無料ブログ作成

一日3000歩は難しい [日記 一日一首]

2015年12月29日(火)
 目標を一日3000歩と決めているがこれが最近難しくなってきた。部屋にずっと居て達成するのは難しい。そこで今コンビまあで行ってきたが半分しか(1500歩)しかカウントされなかった。
*ずっと家に 居ては目標 達せられず 0時過ぎでは カウントはクリア

8つの用件を片付けたが・・・ [日記 一日一首]

2015年12月28日(月)
①本当は今日金沢で「豚骨ラーメン」を食べようと思っていたのだがいろいろのことがありそうなので早々にキャンセルした。
②朝早くから⑤の先生との打ち合わせの準備をした。
③床屋へ行ってきた、終わったのが13時だったので何とか間に合うと思っていたのだが・・・
④短歌の講師と2時に会う約束だったので悠々間に合うと思っていたのだが、デート場所への半ばで床屋に②で準備した資料を忘れてきたことに気が付いた、到底2時には間に合わないので先生に電話2時半に延期
⑤何とか間に合ったが。。。そこで先生と3月発行予定の歌会誌の打ち合わせをした、すぐ終わったので
⑥図書館から10冊ほど本を借りてきた、城山三郎、山崎豊子・・・関係である。
⑦件の鉄人とお好み焼きへ・・・その時家内にメールを打ったのだがどうやら届いてなかった。原因不明
⑧じゃあさようならと言って出たのだが、車で3分ほど走ったらそのお好み焼き屋で頼んだ「お持ち帰り」を忘れてきたのに気が付いた。どうも④といい、これといい情けないったらありゃしない。

*情けない 忘れ物して 車乗る なんだかんだと 1時間の損失
*幸いに 途中で気が付き 引き返す これがだんだん 高じるが恐い


「のみよし」へ行ってきた [日記 一日一首]

2015年12月25日(金)
 「のみよし」というのは内の隣のおばさんがやっている飲み屋である。そこが今年いっぱいでやめるというから、家内と一緒に行ってきた。
*たまにしか行かねど隣ののみよしは私にとって心の広場
*物悲しやめるというのはこれからは心の広場がなくなるというのは
 この一週間ほどで2度目だが、客は一杯だった。 やめる理由はどれだけやっても金が貯まるわけではないが、疲れるだけだ。姉と一緒にやっているが疲れた。とのこと、世話になった方々には御礼のしようがないほどだが、しばらく休みたいとのことだった。家内とはしょっちゅう話ているが、これからは孫と一緒に・・・・
*しばらくは休みたいとの気持ちだけ世話になった人に感謝を
 訳の分からぬことを綴ったが・・・・・

鉄人の退院祝賀に行ってきた [読書感想 一日一首]

2015年12月24日(木)
1ケ月ぶりに鉄人が退院したので顔を見に行ってきた。ところが出発前に家内と一モメ、「そんなのあんただけが行くんでしょう?」という。実は4人で行く積りだったが直前に二人だけになった。それにしても・・・・・
*あれこれとつまらぬことで引っかかる箸の上げ下ろし手洗いの仕方
*何事も自分が全部知り尽くすそうでなくちゃ納得しない
*変質凶痴呆症のどっちかだ一度言い出したら絶対譲らず
 鉄人は本人も今度は退院できないと思ったらしい。
*夢に見たNHK短歌の一次予選通ったのだが2次はダメだった
 私も変質凶というのか今部屋の掃除というかカタズケに凝っている、こたつをしてから狭くなったのだが、それを片付けるのである。でも片付いていると気持ちがいい。
 なんとなく詰まらぬことしか書けないのが情けない。
アネクドーツをまた始めようかと思うが・・・



今日も飲み会だった [日記 一日一首]

2015年12月23日(水)
 今日も飲み会だった。もともとあまり飲めないほうなので、適当にやっていたが途中で例によって寝てしまった。30分くらい寝ていたという。その店は初めてだったが、ヨーロッパのいろんな酒あり、料理も変わっていた。何しろ最初からパンのようなものでデザートもついていた。女性の好みそうな店でなかなか感じの良い店であった。
 「やることノート」につき上げたものの中でまだ半分しかやってない、しかし今日は年賀状を出した。これは近年ないほどの速さである。また歌誌の編集も先生からのチェックが帰ってきたのでやらにゃいけない。なんだかんだと一週間ほどかかるだろう。
*年末はなんだかんだと忙しい飲み会があり編集がある
*落ち着いてゆっくり考え手を付けようそうでなくてはやり直しばかり
*崩し字はやはり難し紐解けどちんぷんかんぷん分からぬことだらけ
*筋肉の衰え何とかするつもりだけど決心の半分までも
*三角の測量方法やってみた分度器が見つからず検証できず

崩し字というのは難しい [日記 一日一首]

2015年12月21日(月)
 最近どうしてもやらないといけないのが、江戸時代の短歌の文章を読むことである。というのは、賀茂真淵とか本居宣長というのは長歌をやっているのだが、それを現代語訳というか今の漢字になってないのである。文献はインタネットで調べられるのだが、ざっとこんなものである。八十浦の玉1.png
ところが比較的楽なものなのだが、私には難しい、本当に古文を解釈する人たちは手紙とか御触れなどで一癖も二癖もあるのを読むのを楽しみしている。しかし私の場合は読んでから解釈、意味を理解しなくちゃならない、ところが最初段階で躓いているのである。長歌というのはそれほど普及してないのでだれも紹介してくれないのである。まあいいや
*崩し字などやろうなどとは思わぬが長歌を調べるにはこれしかない
 分かる人がいたら、あるいは江戸時代の長歌を紹介したものがあれば教えてほしい。

最後のカワハギ釣りだったが。。。 [一日一首]

2015年12月20日(日)
*ああ又も坊主に終わるカワハギもシャアないと思えどやはり残念
*鯵を釣り娘に持って行ったなら大きいのばかり持って行きやがる

最後の役員会だった [一日一首]

2015年12月19日(土)
 11年務めた町内会の役員を今日最後を務めた。
 これで最後だと思うとしんみりしていたのだが、終わる間際会長から「顧問として来期もやってもらえないか」と言われた。要するに書記として議事録を書いたり、それを広報の「町内会だより」の係をやってくれということだった。私が書記として議事録をパソコン入力していたのが認められたらしい。
*パソコンで入力してた10年余それを認めてもっとやってくれと
朝いちばん、今日は鉄人の出所祝いと思ってたが、役員会で中止もやむを得ず。

 それにしても、それなりにやることのあるものだ。
*年金で生活すれどそれなりにやることあって生きるも楽し
やることの中に歌会の歌集の編集というか発行がある。また長歌の研究というか普及がある。
*どうしても長歌を窮め日本にこの文化を残したいもの

「母と暮らせば」を観てきた [日記 一日一首]

2015年12月18日(金)
 可成り暮れも押し迫ってきたが、吉永小百合の「母とくらせば」を観てきた。じっくり考えれば感想も沸くだろうが、今のところない。吉永が年取ったなあというのが唯一の印象か・・・
 鉄人が退院した。びっくりした、ひょっとしたら明日にでも退院祝いをする必要がある。。。
それより彼のNHKへの歌はどうなったのだろう、今日が最終審査のはずである。
*鉄人はやっぱり鉄人頑張って今日無事に退院したとの便り

こんな年賀状を [日記 一日一首]

2015年12月17日(木)
 いよいよ年の瀬が迫ってまいりましたね、年賀状を出さなきゃいけない日も近づいています。
「念願のカンボジアのアンコールワットを観てきましたが、ショックでした。それは立派な石像や建物がありながら、坊さんも誰もいない、単なる観光用でした。そこで思わずこんな歌を作りました「仏法も人の心も荒みきりカンボジアの復興険し」これが杞憂に終わればいいのですが。
 歌会だったが、メンバーが年寄りが多いということもあって花鳥風月がテーマのものが多い。私のは、
*中東は何故か争い絶えぬとこ偉大な教祖出たとこなのに
 だったがあまり人気はなかった。