So-net無料ブログ作成

いい天気だったが・・・・ [日記 一日一首]

2015年3月30日(月)
 いい天気だったが、ここの所やることがなく困っている。去年の今頃は・・・・?と思って調べるわけではない・・・でも今日は菊を植え替えた。図書館へ行って本を返した。そこで文春の現近代史の考え方を雑誌で特集していたので調べてみたが・・・・いまいちだった。というより・・・・何なのだろう・・・?
本多勝一ではないが、文春というとやはり・・・?なのかなという気がする、というよりそういう見方をすると自然そうなってしまうのだ。
①何故太平洋戦争が起こったのか
②満州事変が最重要だというがどこが?
③天皇はA級戦犯ではないのか
④天皇は何故もっと早く戦争をやめさせることができなかったか
こういうことがはっきりしないとまた新しい第3次世界大戦の片棒を担ぐことになるのではないかという思うのである、何しろ集団的自衛権だの、秘密保護法なんて言う危険な法律が安部によってできているのだから。
*国民の命と領土を守るとうそれを守るのは第9条しかない
*資源なく話し合いしかできぬのに何故好戦的自衛を選ぶのか
*新聞もマスコミもまただんまりで大本営発表のみを告ぐ
*皇太子憲法に関する発言を何故マスコミは握りつぶすか

第822話(99/11/12)――読者から ――P132/3 20150330
ある男がバザールに自分で作った物を出していた。木を上手に削って作ってあり、乳鉢、杯、食卓の塩入れ、深い皿、円柱の飾り物等々・・・・
 そこへ金持ちの旅行客が来て長い間見ていて最後に幾らか聞いた。
 答えを聞いて怒った。
「お前はまるでこれらが銀で出来てるような事を言うじゃないか!!」
「もしもこれらが木で出来ているからというのなら、森を歩いてみて下さい、幾らでも木はありますよ。そして全部自分で作ってみてはどうです。それから値段の話をしましょう。」
<訳者独り言>
もっと変わったおしろいオチかと思っていたが案外だった。最近はまた夜と昼が逆転しています。今は3時半、さっきまで囲碁をやっていました。今日土曜日は午前中仕事です。



何かおかしい [日記 一日一首]

2015年3月29日(土)
 私自身もおかしいが世の中おかしいことが多い。フランスでの飛行機事故だが最初からおかしいと思った、何しろ急に1000メートルもの飛行機の落下で何か異常が起きたにしても将に異常なのだ、通常は考えられない事態だという、しかも何の連絡もなく木端微塵だという。気違いに刃物どころではない。
*飛行機の墜落事故の犠牲者は何とも言えぬ憤懣だらけ
*テロだとか精神異常蔓延す世の中進んでも心は闇に
*20世紀の戦争もまたこのような異常の中で起きたのだろか
 昨日も書いたが
*寝たきtりの兄を見まいに行きて思う周りはもとより本人つらい
 申し訳ないがそんな気がする。これと飛行機事故とは関係なさそうだが・・・・・
一昨日何かを書きかけている最中にタブレットで全面消えてしまった。残念ながらなにをかいていたか忘れたが・・・・残念だ。
 そのタブレットだが家内もやったらいいのではと思い、息子から貰ったIpadでLINEをつなごうとするがなかなかできない。ひょっとするとAUでもできるのではないかと思うが・・・・・一度聞いてみよう。

第823話(99/11/13)――読者から――P32/2 20150328
学者が芸術家に言った。
「私はあなたの芸術の国際性に全くうっとりさせられましたよ。全世界の人々はあなたのカンバスに見とれるでしょう。これらの絵は全人類から理解されてます。」
しかし芸術家が答えて曰く。
「あなたの言葉の方が普通じゃないんですよ。世界の人々はあなたの言葉にうっとりさせられてます、でも、だれも理解してないんです。」
<訳者独り言>
今金沢で中国の兵馬庸の展覧会が来ています。混んでるでしょうから何時にしようか迷っています。2000年前の優れた技術、芸術に触れるのが楽しみです。

 

 

少し動いてきた [日記 一日一首]

2015年3月27日(金)
 今日は少し動いた。と言っても今朝は徹夜明けで午前中は寝ていた。11時30分に目覚ましをかけていたのだが気が付かず、12時15分まで寝てしまった。12時50分の電車に辛うじて間に合ったが友達二人と約束してあったのでびっくりした。
*役立たずお前のような目覚ましは今後2度と使ってやるまい
*起きてすぐどんな音かとチェックするこれが聞こえぬなんておかしい
 それはともかく無事会うことができた。
*快晴の金沢の町を歩いたら春の足音あっちこっちから

*木彫を趣味とする友達の展示会での誉れ高さよ
*傘寿過ぎ木彫続けるその気持ち大切だからいつまでも保て
 それが終わってから、兄貴のところへ行ってきた。寝たきりなのだがデーサービスに行っているとのこと。
*いうことはとんでもないことだがしかし真剣なのだから笑うことも得ず
*義姉と共に語ることは老いのこともうやめようよの後にその愚痴

*目覚ましを帰りの電車で掛けたれば乗り過ごすこと無いのに残念

第834話(99/11/24)――読者から――P35/2 20150327
ユールゲンはいつも車を凶暴と言っていいくらいのスピードで運転していた。今日も列に付いていた客を乗せて、着いたところで聞いた。
「どうだい? あなたは命があることが嬉しいかい?」
「嬉しい?」乗客はびっくりした。「ああもこうもないよ。嬉しいって言うより、ただビックリしてるだけだ。」
<訳者独り言>
ともかくロシア人の運転手は飛ばす。しかも道は広いがでこぼこしているから怖い。車が古く、汚いから平気なのか? 今年の春サハリンへ行ったとき、雨の中を舗装してない道を通ったところ、ハネで窓は見えなくなるほどであった。でもあの水芭蕉は綺麗だったな。


あまりすることがなかったが・・・? [一日一首]

2015年3月25日(水)
 朝から一昨日の新聞のhttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150323-00000004-asahi-sociの記事が頭から離れず最近お世話になっている某テレビ会社のの担当者に電話。その担当者というのは元KDDIの技術者だ。あの新聞記事はこの技術者もびっくりしていた。すぐKDDIへ電話してくださいと言ったので電話したのが事の始まりだった。KDDIというのはもともと情報管理の行き届かないところだと思っていたが今日も実力を如何なく発揮してくれた。
1.用件
 ①この新聞記事によるとAUは極めて悪い、それでDOCOMOと同じ値段と同じというのはおかしい
 ②今後どう対応するのか
2.電話を替わったのがANDOROIDOの担当でさっぱりわからぬ
3.さらに次に変わったのだが先方からは「もしもしxxさんですね?」、「はいxxです」「もしもしxxさんですね?」「はいxxです」、「もしもしxxさんですね?」「はいxxです」が10回ほど続いたであろうか。頭にきて電話を切る
3.もう一回かけると、次に出てきたのがお客様サービスセンタの佐藤とかいう男、頭がいいというのか弁舌さわやかでこんなクレームを何とも思っていない。もちろん新聞記事など知っていない。
「私たちの役目は関連部署へこういう意見がありました、と伝えるだけです。どういう予定で改善するつもりかなどということはご返事できません・・・・」
4.要するにこの種の返事で話すに足りない、これじゃ永久によくなるはずがないと思った。私は最近先の某社を通してNTTを切ろうとしている最中なのだ、すぐにAUを切るというわけにもゆかない。
5.実は私自身の経験では白山の頂上ではドコモは通じるがAUは通じない。しかも去年上ったとき遅くなったので家へ電話しようにも山を下りた麓のずっと開けたところへきて初めて通じた。
*AUは仕方のないとこかといって諸般の事情で変えることを得ず
*あの差別で同じ値段とはおかしいと思うが先方はなんとも思わず
*担当は顧客のことなど考えずただ終わることに終始
*これじゃあねAUの限界見えてきた早くやめようと決意新たに

*春の陽をあびてジャガイモ植えてたら 雪が降り出しそれでも楽し
*ジャガイモはAUのことなど忘れさす詰まらぬことに関わるなとぞ
*途中からあられみたいな雪が降るそれでも楽し雪の降る中 
そうそう 今日はジャガイモを植えたんだ。
*ジャガイモよ早く芽を出せ楽しみだ毎日お前の顔を見に来るな

第824話(99/11/14)――読者から――P39/2 20150325
軍曹が徽章による見分け方を講義していた。
「はい。軍医はどうして見分けるかな?」
新兵の一人に聞いた。
「薬局の臭いからです。」
新兵が答えた。
 
<訳者独り言>
前にも書いたかも知れませんが、オリオン座が綺麗に見える時になりましたね。今夜中の12時近くですがくっきり見えます。地球上は色々公害とか自然破壊などと騒いでいますが宇宙は悠久の昔(150億年前?)から未来永劫(???兆年)迄続くのでしょうね・・・・・・・・・

やっと少し進んだ [日記 一日一首]

2015年3月24日(火)
 タブレットはやっと少し進んだ。AUショップへ行って聞いたからだが、忘れるのが怖い・・・・
先ず、メモをタブレットで書きそれをPCに転送する方法だが、メモ帳(ダウンロードしてくれた)を開き、何か書きそれをその場で送るというのか転送する。PORALISで書いたものも同じように開いた状態で転送する。この要領さえわかれば簡単のだが・・・・・何しろ「Eメール」とかいたアイコンが2つも3っつもあるのだから分かり憎い。どさくさに紛れて、今朝の某新聞によるとAUの形態は日本中の山でほとんどつながらないが、ドコモやソフトバンク」ではほとんど繋がるという、そんなんじゃ買うのでなかったと後悔したが、それに思い当たることが何回かある。それで同じ料金だとするとおかしい。明日くらいにKDDIに聞いてみよう。
*山奥で携帯使えない地域AUがこんなにひどいとは知らず
*それでいて同じ値段とはおかしいいっぺん奴らに聞いてみよう
*ポラリスのデータをPCに送ったらワードで編集可能だった
昨日は町内会の広報編集で四苦八苦していたので、一回ずる休みしたので、載せられなかったが、一昨日の「仏の座」の写真を載せよう。
仏の座.jpg

第825話(99/11/15)――読者から――P131/2 20150324
「仕事の方はどうかね?」ある旅行者が農家の軒先でお百姓に聞いた。
「上手くいってるよ。」百姓が答えた。「うち山の木が枯れだしたので、根っこからこがなきゃならなかったんだ。ところがある日凄い暴風雨ガ吹いて俺の代わりにやってくれたのさ。」
「そりゃ面白い。」
「その後雷が落ちて全部燃えちまったんだ。俺は何もしなくてよくなったよ。」
「へええ、こりゃ凄いや。じゃあ今は何してるの?」
「今かい? 地震が起きるのを待ってるんだ。そうすりゃジャガイモを掘らなくても飛び出してくるからな!」
<訳者独り言>
トルコ、台湾と大きな地震が起きてますね。地震・雷・火事・親父すべてがテーマの面白い話である。


妻らぬことで喧嘩した [日記 一日一首]

2015年3月22日(日)
 実につまらぬことで喧嘩してしまった。
*つまらぬことで喧嘩してむっつりして今日一日が不愉快だった
*茂吉でも70近いと大声を上げて家族を困らせたという
*我が声もでかさにおいて引けとらぬ自分でも嫌になるほどでかいs

*今日もまた金魚が一匹死んじまった水がアルカリ性のためだろうか
 とうとう金魚は居なくなってしまった。金魚の入れ物は最近変えたのだが、以前メダカを飼っていたものだ・。魚はアルカリ性に弱いということを先日聞いたが・・・・。
 ところで金沢の知り合いで金魚を増やすことを趣味にしている者がいる。かれは何時でも持って行っていいよ、というが手ぶらではだめだ、今日の物価からすると500円以下ではみっともない。この間ペットショップで買った時は4匹100円だった。しかし今回もし買うとすれば10匹がいいところだ。ということは貰うより買った方が安くつくということになる。
*アルカリといっても以前メダカ飼う半年大丈夫で子供まで産んだ
 ともかく女(家内)といいメダカ、金魚といい生き物は嫌だ。メダカら死んだらこれからは飼わない。

*気晴らしにあっちこっちへ行かんとすされど飲んだらどこへも行けず
*幸いに今日の昼飯は教会で皆で食べてうっぷん晴らす
*3000歩ノルマ達成そのために駅前まで行って帰りぬ
*反対のコンビニまで行きコーヒーを仏の座の名を確かめぬ
 今散歩の道にいっぱい咲いているのが、さんがいそう(仏の座)である(明日写真に載せよう)、その名前を確かめたのと牧野の図鑑に色を塗ってきた。

 広報がやっとできた。夜中の2時だった。もっともいろいろ廻り道をしたが・・・・・
*広報がやっとできたぞ6000円これだけ貰ってないよりましか

第826話(99/11/16)――読者から――P57/2 20150322
旦那の名付け親がやって来た。二人はすっかり飲んで、旦那の方が酔っぱらってテーブルの上で寝てしまった。 奥さんと件の名付け親はベッドへ。
旦那が頭を上げて奥さんへ;
「マリヤ。その親父をそこから引きずり下ろせ!!」 と言うとまた寝てしまった。
少し経つとまた頭を上げて:
「マリヤ。その親父をそこから引きずり下ろせ!!」
「何言ってるのよ。見て!自分で落っこっちゃたわよ。」
<訳者独り言>
結局奥さんと名付け親は何もなかったのか、どうもまだるっこい。最近の週刊誌等のどぎつい物に慣れるとこんな物は何でもなくなってしまう。

いったい何をしたのだろう [日記 一日一首]

2015年3月21日(土)
 何となく無為に過ごし、一日が終わったような気がする。
*何となく無為に過ごして日が暮れて飯を食ってただ寝るだけだ
*短歌も広報編集何もせずパソコン触って遊んでるだけ

 ただ一つだけサツマイモの場所を作った。農協へ行ってジャガイモの種芋を買ってきた。
*ジャガイモやサツマイモの床つくりやっぱり春だ少し寒いが

もう少し振り返ってみると、
①朝はさきのサツマイモの床つくり 
②農協へ行ってジャガイモの種芋を買って
③お昼はうどんを作って食べたが後片づけをしなかったのでカニからクレーム 
④お好み焼き屋へ行って絵のフレームを片付けようかと思ったが鉄人が来ると思うと・・・・酒をコップ半分ほど飲んだので行くのを断念
④それからが分からない・・・・ともかくフリーセルを何回かやったのと囲碁を見たことは覚えている。
⑤夕方から町内会の広報」の編集をやろうとしたが、PAGEMAMER]のマークがディスクトップから消えて再インストールしようとしたがだめ、結局なんとかできたのが8時過ぎ 
⑥後方の編集

第827話(99/11/17)――読者から――P131/3 20150321
自動車事故の被害者が医者のところで:
「時々意識が無くなるんだけど、腹が減ってるし、足が冷たいから、ああ俺は生きてるんだなと実感するんです。」
「どういうことなんだ?」
「もしも死んだら、地獄か極楽へ行くって言うでしょう。もし地獄だとしたら足が冷たいわけがないでしょう。またもし極楽だとしたらお腹が空くなんて言うことはないでしょう。」
<訳者独り言>
西洋の地獄も灼熱地獄なのだろうか。これはなかなか面白い。


井山が勝ったが・・・・・ [日記 一日一首]

2015年3月20日(金)
 3勝3敗にまでなった棋聖戦は井山が防衛した。おめでとう。
*よくやったどうなるのかと心配したが山下の凄い追い上げ躱して
*私には終始分からぬ戦いを頑張りぬいて勝ち切ったのだ

 サッカーの試合は今まで儂が観戦した時には負けがなかったのに、今日は親類の連中と飲んでいたので行けなかった。途中経過は娘がLINEで刻々伝えてくれたが残念のひとこと。本当は今日の試合は雨だと思っていた、冷たい雨の中で観戦はそれこそ風邪に感染してしまうので思いとどまったが・・・・1対2でやられたようだ。これで1勝2敗だ、まだこの調子なら残留は可能だろう。第2節の東京ヴェルディー戦の一勝が大きかった。
*悪かった応援できず残念だ馬鹿な家族に押し切られたの

 昨日は、町内会の広報に載せる「こんな人がいます」のインタビューに行ってきたが、良かった。氏は人形劇の人形を作ったり、紙芝居、大道芸までやるという強者だった。何故そんなことをと思って、聞くとやはり今日の老齢化社会に即応して、施設へ慰問に行こうと思ったらしい。
 人形劇は普通は2,3人でやるのが普通だが同行者を募るには、その地域の新参者だったので知った人すらいなかった。そこで何とか一人でやろうと工夫したが(国内国外にもない、一人人形芝居を)やってはダメ、ダメでもやっているうちに10年過ぎたという。IMG_2120.JPG
その工夫というのは、登場人物が2人の場合片方を操っているときもう一方は立ってなきゃいけない、しかも同じ恰好で。そこで芯棒をステンレス製に下にキャスター付きの四角の台を付ける・・・・・等々いろんな工夫をしている。
 次に紙芝居だ、これがまた凄い。普通の4倍の大きさの絵を描くのだが、これが亦精緻なのだ。出し物は「国定忠治」「姥捨て山」「清水次郎長」などで古い!という印象を受けた。写真はいろんな登場人物を載せてあるがこれじゃ実現は無理なんじゃないかと思った。IMG_2125.JPG
 最後に大道芸だが、これまた本格的だ、写真の刀は本物で警察に届けてあるという。
こんなものを老人ホームのお客の前で振り回したんではおっかなくてしょうがない。出し物は「蝦蟇の油売り」「バナナの叩き売り」だという。これだけは実証済みだとのこと。IMG_2128.JPG
 
第828話(99/11/18)――読者から――P125/3 20150320
スラビックがママに言った。
「ボク、ママと結婚しよっと。」
その後彼はもう一回言った。
「でもボク考えたんだ。もしボクがママと結婚したらボクにはママがいなくなっちゃうんだよね・・・」
<訳者独り言>
現在ラヂオをロシア語講座でもアネクドーツのことを放送してるようですね。以前同じテーマで同じ講師がやってたのですが、取り上げられてる話の内容はチョット違うようです。


 

じゃがいもを植える場所を作った [日記 一日一首]

2015年3月19日(木)
*メダカにつぎ金魚がついで死んじゃった残りを川に放して来よう
*4匹の金魚はついに一匹にやはり生き物を飼うのは嫌だ
 4匹のうち2匹は猫にやられたのだろう、白鷲というのは考えにくい。
*4匹のうち2匹は猫にやられとうとう一匹は死んでしまった

*ヒヨドリよもうすぐ北へ帰る日だたっぷり食べて来年も来てね
*ヒヨドリよもうすぐ北へ帰る日だたっぷり食べて来年は子連れで
 去年の11月ごろわたってきたヒヨドリもいよいよ北へ帰る時である。確か去年は17日だったと思うが・・・調べてみると21日だった。
去年の一首を見てみると、駄作である。
『*春まだき 旅立ちの季節 鵯も 今頃どこを メールをおくれ
 *春まだき旅立ちの季節鵯も今頃どこを飛んでいるやら
 *秋にまた会うを楽しみに待っている 今度はもっと御馳走するから
 *鵯の代わりにカラス 受け難し すずめで良いから もっと小さいの』
やはり歌というのは難しいものだ。
 ジャガイモ畑を耕した。
*ジャガイモの畑を耕し新ジャガの味を思い出しニッコリ笑う

第829話(99/11/19)――読者から――P108/7 20150319
アルメニア のラヂオの問題:
「3回結婚しておきながら処女を保ち続けるにはどうしたらよいでしょう?」
「最初にフランス人と結婚し、次にアルメニア人と、最後に学者と結婚すれば可能でしょう。」
<訳者独り言>
学者はともかく、アルメニア人を馬鹿にしたものである。
***あまり面白くないですね****



 

第1014冊 茂吉晩年*北杜夫 [読後感 + 一首]

2015年3月18日(水)
  これは以前(といっても2、3年だが)読んでこれに載せたと思っているが・・・・はっきりしない。たまたま図書館で目についたのと「つきかげ」をどのように評価しているかを知りたかったからだ。その目的は余り達成できなかったが、壮絶な死というか見事な死にちょっと感動した。すごい人だなあと思ったのである。
 氏が文化勲章を受賞したのが意識が朦朧として尿意が近く陛下の前へ出るのが怖いと思ってたらしいが15分の予定が30分にも及んだという、らしいなあと思わせる。でもこれは門下生が何とかして先生を喜ばせたいとの思いからだが、誰も反対する人がいなかったのもとうぜんといえば当然である。
  「つきかげ」については、善悪両方の評価があるようだが、私は悪の方をとりたい。
*税務署へ届けに行かむ道すがら馬に逢ひたりああ馬のかほ
*欠伸すれば傍にゐる孫真似す欠伸といふは善なりや悪か
 これが文化勲章を貰った人の歌かと疑いたくなる。こういう文化勲章は一つの作品とか一つの歌集に対して与えられるものではない。全人格というか全作品が選考の対象である。映画のアカデミー賞とは違うのである。
 「赤光」が非常に高い評価を得ている。今一ど開いてみると花鳥風月を歌ったものなんてほとんどないことが分かった。しかし・・
*秋のかぜ吹きてゐたれば遠かたの薄のなかに曼珠沙華赤し  というのもある。
 
これらは別として、自分ももっと一生懸命やれば何とかなりそうだという感触を得た。最後の方で弟子3人があつまって何かをするとき最後まで努力をしなくてはいけないという趣旨のことが載っていた。
*あきらめず努力を途中で止めにせず頑張っておればなんとかなるんぞ

第830話(99/11/20)――読者から――P109/3 150318
「親父がトルコ人でお袋がユダヤ人だとすると国籍はどこになるかね?」
「まあ・・自然の成り行きからするとユダヤ人だな。」
<訳者独り言>
最後は Натуральный еврей.を上のように訳したが、全体からしてどのような深い意味があるか分かっていない。