So-net無料ブログ作成

久しぶり [日記 一日一首]

2013年11月20日(水)
 何となくブログに気が向かない。折角見てもらっても更新されt無くては申し訳ない。
先月からこんな状態である。年なのかなあ・・・と思ったりもする。気力がなくなったのだ。
 今もビデオを取り込もうとしているのだが、なかなかうまくゆかない。今までだったらできるまで徹底的にやったのに・・・・
 今何に気が向いているかというと、やはり短歌である。先日も16日金沢で短歌入門講座というのがあってそれを受講してきた。何にとらわれているかというと、口語と文語、枕詞、現代短歌と明治から終戦直後までの近代短歌、それと何をテーマに歌うかということである。当然なことだがそれぞれいろんな考え方があり、どの人に付くかということで右往左往しているのだが・・・・短歌は俳句と違いテーマの幅は広い、時事問題、生活、風月花

今加島祥造に凝っている [日記 一日一首]

2013年11月10日(日)
 先日、NHKの深夜放送を見ていたら、加島祥造という90になる爺さんが出ていた。実は何を隠そう初めて知る人だった。その道の人にはかなり著名な人らしく、現在は伊那谷に一人暮らしをしている。最初に借りたのが「求めない」という詩集だった。これはうちの家内が買ってきたというので聞いたが、今はどこにあるか分からないとのこと。
 ところで、この人は英米文学者で100冊近い本を翻訳しいる、大学の教授をしていたのが、60過ぎてから心境の変化で、いまは家族と離れ伊那谷に住んでいる。心境の変化というのは、老子の道教に目覚め、今はそれ一辺倒である。私はこの人がどうしたこうしたというより、老子の教えを知りたくて加島氏のものを詠んでいる。もう4冊ほど読んだろうか、なかなか紹介する気が起こらない。これも年の所為なのだろうか・・・・おいおい紹介しようとは思うのだが・・・・
*97の 太極拳の 爺さんや 90の加島を みれば私もまだ古希
 

久しぶりだ [日記 一日一首]

2013年11月5日(火)
 ほぼ一か月休んでいた。ただ何となくである。従弟が市会議員選挙に出るというので、その応援やら、出納責任者としての事務などで・・・・また先月末から文化の日に掛けて短歌の文化祭出展ということがあり、何となく気が抜けたように休んでしまった。
 そうこうしているうちに、プリンタが紙詰まりを検出しっぱなしになるトラブル発生、これがまたサービス期間が過ぎたので修理不可能、そこでもう一台のプリンターを引き出すとこれまた、バタバタ音がして使えない、なんていうことだ。
*パソコンンも 寿命が近いか あちこっち 故障が続出 何にもできず
*パソコンも 私の命と おんなじで 間もなく終りと 警告を鳴らす
とほほっ
そんなことで読書も、先月初めに勢いよく環境関係の本を3冊借りてきたが、一応目を通したものの、まとめようという気が起きない。
でも、田中の楽天の優勝はすごかったですね。思わずバンザイですよ。
*田中君 よくぞやったぞ 日本一 あとは米国で 本格派投手
*9年目で 楽天つかんだ 日本一  日本中が 喜んでいる

ところで井山が名人になったのは何時だったっけ、