So-net無料ブログ作成

良い天気だったが・・・ [一日一首]

2013年10月14日(月)
 快晴だったが、昨日は一部で真夏日だったとか。異常ですね。
 そういうことでここんところ、環境とくに地球温暖化の本をあさっているが、一番面白いというか、ためになるのはジェイムス。ハンセン著「地球温暖化との戦い」であった。他にアルゴアの「私たちの選択」というのとKirstin Down and Thomas E.Downing の「温暖化の世界地図」だが子らについてはいずれ報告できるだろう。
*真夏日の あと少し休んだ そのあとで また真夏日とは 異常気象だ
*神無月 神に見放され 人類は どこへ行くのか この真夏日に
*快晴の 天気は良けれど この暑さ 一枚脱いで 汗ふく始末

市議会議員選挙が公示された [日記 一日一首]

2013年10月13日(日)
 能美市議会議員選挙が今日公示され、私の従妹が出馬することになり、今日当選祈願祭やら祈願集会があった。神社はいっぱいの人でなかなかの人気である。この男父親も議員だったが、27年前に亡くなり、もう出ないのかと思っていたらむっくり起き上がったという感じである。確か少し前にも書いたが市議会議員なんて何をするのかはっきりしない。しかも今回初出馬なのだが、準備やら何やらで疲れたのか、2期目に出るかわからないなんていう、馬鹿げたことを言う。昨晩はそんなことを考えていたらよく眠れなかった。

*親戚や 友人知人 多く来て 当選祈願 一杯の人
*2期目には 出るかでないか 分からない なんてバカ気た こと言ううなバカ

 そんなことで、昼過ぎから我が家で「私たちの選択」というアルゴアの本を読んでいたら、最後の章で2009年以降アメリカでは空気が変わり省エネ、温暖化対策に乗り出したとあり。「あれっつ!」と思った。あと少し残っているがどんでん返しがないことを祈っている。もし本当だとしたら、日本ンは何をしているのかといいたい。
*アルゴアが 良い選択で 見込みあり ということ信じ 希望を持てリ

  

市議会議員選挙に従弟がでる(途中) [日記 一日一首]

2013年10月6日(日)
 わが能美市でも10月20日に市議会議員選挙がある。これに私の従妹が出る表明してから10か月余りたつ。一時は無選挙歌と言われたが結局一人出て選挙が行われることになった。私はほとんど無関心派で、あまり活動にも出ていない。しかし、昨日13日の公示に向けての準備が発表された。それにしても熱心人がいるものだ、と感心する。先日講演会結成大会が開かれたが、その時の県議会議員の挨拶が奮っていた、「今市議会議員になる人が少ない、無競争のところがたくさんある。というのはサラリーマンでは務まらない、自営業しかなり手がいない。しかも報酬もすくない・・・・」しかも、当選するにはかなりの金がかかる。仕事も家も捨て、なりふり構わず出馬するわけである。
*選挙とは 男の道楽 家族とも 親戚からも 見捨てられ