So-net無料ブログ作成

狭いところで色々釣り方があるものだ [日に一短歌]

2017年6月15日(木)
 今朝は7時から釣に出たが小さな鱚が15匹ほどしか釣れなかった。
 私自身はこれで十分と思っていたのだが、上には上があるものだ。①私が出るのt同じ時間に上がってきた人がいたが、彼はかなりの中鯵を持っていた。3時半ごろでるのだという。 ②私は9時半ごろまでいたのだが同じ時間に一緒に上がってきた人がいた。彼は同じ個所にじっと動かず釣っていた、彼の釣果は大型のキスばっかり、今はもう大型のキスはつれないものと思っていたがあんなところで連れのだと知りびっくりした。

 今日は短歌も何も出ない、今日は歌会だったが、その時のことはいづれまた。
*102才 自分一人で 胃瘻する 化け物しか 言いようがない
*心臓に 腫瘍ができて 手術せず ある日24時間の 命とぞいう
 寛恕は91才心臓の主要だが手術するかこのまま見るかで後者を選んだ、これはある日破裂すると24時間以内になくなるという。かと言って手術してもいろいろ危険を伴うという。
まだ一人いるが、兎も角化け物みたいな人ばっかりだ。「化け物短歌会」とでも名付けようか。
 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0