So-net無料ブログ作成
検索選択

危ない目にあった [日記 一日一首]

2013年2月18日(月)
 昨日日曜日危ない目にあった。自業自得なのだが、考えねばならない。
 それは車の運転時に3回もそんな目にあったのだ。年は取りたくないものだ、とつくづく思った。

 1回目:娘婿を乗せて帰宅途中、危うく側石に乗り上げようとした、かなりのスピードを出していたので対向車がいたらそれこそ大変だった。

 2回目:件の婿を飛行場へ送った帰り、途中で帰り道がどこか分からなくなってしまった。少し行くとやっとどこを走っているかが分かったが、なぜそんなところを走っているのか分からなかった。 

 3回目:途中でトイレがしたくなり暗がりの中で車を止めたのはよかったが、車を降りると車が自然とゆっくり動き出すではないか。びっくりして飛び乗ってブレーキを踏み事なきを得たが、おお怖!対向車がいたり、崖の上だったりしたら大変だった。実は以前(2年ほど前)、これと同じことが2度あった、帰宅して車庫に車を入れようと、車を降りたら車がゆっくりと動き出した。これで車庫のシャッターを壊してしまったのだ。

そこで一首
*記憶力 運動神経 衰えて 運転免許 献上しようか
*これからは 暗き道を走るとき 誰も乗せず 一人だけにて 運転をしよう 

それにしても反省しきり!!
 

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

NO NAME

自業自得,危険な目というけれど,一番怖いのは,誰かを傷つけてしまうことでは?
小さな子供をひいてしまっては,子供の人生も子供の家族の人生も,もちろん自分の人生もめちゃくちゃになってしまうと思う。

スピードを出しちゃいけないのは,アクシデントがあっても対応できなくなることと,アクシデントが大ごとになってしまうからでしょ。不可避な事故もあるけれど,スピードは自分で選ぶことができるはずだから,それで誰かを傷つけたりしたら,一生後悔して生きることになると思う。今まで,いくら人を大切にして生きてきても,一人の未来ある命を自分の選択で奪ってしまっては,人生の意味がなくなると思う。
そんな姿を家族も見たくないし,よく考えてほしい。

by NO NAME (2013-02-18 17:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: